ルビーの指輪

健康と幸運を招き、邪を遠ざける石として、ルビーは世界各地で重用され続け、今も重用されています。

しばしば、[ダイヤモンドは宝石の王様、ルビーは宝石の女王]と言われ、

インドではダイヤ以上に重要視されて宝石の王者とされています。

その真っ赤な色は不滅の炎、すなわち不死身の象徴。古来より世界各地で強力な護符とされてきました。

戦場で敵に勝つお守りとして兵士が用いただけでなく、病気、呪い、邪眼、毒物、害悪、悪習慣など、

あらゆる邪気から持ち主を守るとされます。

持ち主に危険が迫ると、退色してそれを伝えるとされ、実際にルビーによって

災難を知らされたというエピソードは数多く残っています。

カテゴリー: おすすめ商品   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree