唐代楽器の復元と楽器

去る7月30日、虎ノ門の東京中国文化センターにおいて
歴史講座「永遠のシルクロード~天山南路・音楽の旅」が開催されました。
講師は鈴木肇先生と劉宏軍先生のお二人です。

鈴木先生はNHK「シルクロード」取材班団長としてインド、中国、パキスタン、
イラクなど10カ国以上を1年半以上にわたって取材され、
現在は北京広播学院客員教授をされています。

劉宏軍先生はすでに在日30年以上、NHK「シルクロード遥かな調べ」
の音楽をはじめ、坂本龍一氏に協力して映画『ラストエンペラー』の作曲・
演奏を担当したアジア民族音楽の第一人者です。
10月8日には平城遷都1300年祭の記念式典で演奏されます。

前半は鈴木肇先生のお話です。
シルクロードの壁画に描れた様々な楽器の話、劉宏軍先生と復元楽器との出会いなど、
興味深いお話ばかりです。

後半は劉宏軍先生の楽器についての詳しい説明が復元過程の苦労話を交えながらあり、
その後劉宏軍先生による復元楽器の演奏が行われました。
素朴で素敵な音色に歴史を感じ取って会場中が聞きほれていました。

演奏後は、実際に楽器を目の前で見ていただける時間を設けてあり、
普段は見る事の出来ない貴重な楽器の数々に皆さん興味津々でした。
楽器は正倉院に収蔵されている唐代の楽器を復元したものです。
劉宏軍先生

楽器の装飾部分には水晶が使われており、
復元するにあたって素材である水晶の採掘から加工について知りたいということで
鈴木先生と劉宏軍先生が中国にある当社工場を見学に訪れました。
皆さん熱心に説明を聞いておられました。

遥か唐代の楽器の復元は大変だったと思いますが
当社が少しでもお役に立ててうれしいです。

このときの模様を収録した番組が少し先になりますが
12月22日にNHKで放送される予定です。



右から3人目のチェックのシャツが劉宏軍先生、
右から6番目のブルーのシャツが鈴木肇先生です。




熱心にお話される鈴木肇先生(中央)と劉宏軍先生(右端)




本当に熱心です。

カテゴリー: 晶都ニュース   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree